親や友達や親戚にお金を借りたい場合。

金融機関からお金を融資してもらえなかった時などには、親や友達から借りるしかなくなる場合があります。そんな時には、どんな理由や言い訳を言えば、納得してくれるでしょうか。

 

そこでこのサイトでは、親や友達や親戚などからお金を借りる際の理由・言い訳と、借り方。消費者金融や銀行などを利用したお金の借り方についてまとめてみました。

 

まず、親や友達や親戚に言い訳をしてお金を借りたい場合。良く知っている間柄でも、後で返すからといっても信用してもらうことは難しく、きちんと借用書を書くことで貸してもらえるケースがあります。そして実際にお金借りるときには、必要な金額がいくらで、返済の期日や利息率、返済が遅延した場合の損害金のパーセンテージを話し合い、決めておく必要があります。

 

借用書を書く手元

 

借用書の書き方

arrow 書き方として「借用書」という文字を記載し、誰にでも明確にお金の貸し借りがあったことを分かるようにします。借りた相手の名前といつ借りたのか年号から何月何日まで書き、借りた金額がいくらかも明記します。金額を書くときは漢数字を用いたほうが間違いがありません。そして返済の期日、話し合った利息や遅延損害金のパーセンテージも書き込み、契約日、お金借りる本人の署名と捺印が必要です。契約日は親や友達からお金を借りた日にちになり、利息の計算や時効に関する起算日もこの日になります。

 

借用書の書く際には、鉛筆など消すことができるもので書くことは不可で、パソコンで作成した場合でも署名は直筆の必要があります。金額が大きく、連帯保証人を設けた場合にはその旨も書き込み、連帯保証人からの署名と捺印が必要です。

親や友達にお金を借りる時の、態度と言い訳フレーズ集

親や友達にお金借りる時の言い訳や口実については、理由や日時を明白にした方が信頼性が増します。例えば「後で返すからさ」と言っても「後っていつだよ」となりがちで、借りる事は難しいでしょう。そのため「1週間後に返すよ」などと表現すれば、自分も相手も返す日時がはっきりするので問題事が起こりにくいです。

 

それと言葉遣いに気を付けましょう。お金を借りるという事は、自分の立場は低い事になります。そのため普段と同じ態度でお願いしても断られる可能性が高くなります。かと言って媚びを売るような態度も相手にとっては不快にさせてしまいます。そのため頼む相手によって態度を使い分けましょう。

 

親や友達にお金を借りるために言い訳する男性

 

それを踏まえてどのような言い訳が親や友達からお金借りる事ができるのでしょうか。まずは欲しい物がある時です。ただそれだけを伝えても「我慢しろ」と言われるのがオチです。ですが「誕生日プレゼントにしたい」と伝えれば、ただの自己満足では終わらないと思われるので有効です。次に頭金などを揃える時です。親も友達も周りの環境を良くする事に反対するとは思えません。借りてしばらくは何もできなくても、落ち着いたら必ずお礼をしましょう。それによって再びお金借りる機会ができても、言い訳しやすいといえます。できればお金借りる状況になっても、言い訳できるぐらい親や友達の好感度を高めておきましょう。

消費者金融と銀行カードローン。お金借りる時の違い

親や友達にお金を借りるのには言い訳を考えたり、口実を作ることが必要ですが、金融機関でお金借りる場合には、特別な理由は必要はありません。ただ、消費者金融で借りるべきか、銀行カードローンにするべきかで悩む人もいるでしょう。そもそもこの両者の違いは、どのようなところにあるのでしょうか。

 

まず消費者金融ですが、こちらは審査や融資までのスピード感が、銀行と較べて早い傾向がるということです。金利は銀行よりも少々高めで、上限が20パーセントです。また、借り過ぎを防ぐための総量規制があります。これは年収の3分の1に当たる金額を、借り入れ限度額と定めているもので、消費者金融の関連法律である貸金業法で規定されています。消費者金融でのすべての借り入れに適用されますので、利用額が限度額を上回ると、新規の借り入れはできません。また、専業主婦の方はお金を借りることができませんが、パートやアルバイトなどで構いませんので安定した収入があれ審査可能です。

 

一方銀行カードローンですが、こちらは金利は15パーセント未満と低いです。ただし、、自宅名義人が本人であるといったような条件がつくケースもあります。またこちらの方は、貸金業法でなく銀行法が適用されるので、総量規制はありません。したがって、旦那さんに安定した収入があれば、専業主婦の方でもお金を借りるための審査を受けることができます。

 

お金借りる場合は、この2つの違いをよく見て、自分に合う方を選ぶようにしましょう。ただしどちらかといえば、消費者金融の方が万人向けといえます。

言い訳する人の心理

arrow 言い訳する人にはいろいろなタイプの人がいて、最も多いのが自分に自信があり、自分を正当化したいという感情が強い人間です。
自分の非を認めたくない、自分が悪者になりたくない、という心理が働いてそれがとっさに言い訳として口に出てしまうのです。
反対に自分に自信が無い人間は周りよりも自分が悪いからいけないんだ、という心理がはたらく為自分を責める言い訳になってしまいます。
人間は常に人と人とでコミュニケーションを取りながら生活しています。動物もそうですが、人は「言葉」というコミュニケーションツールを手に入れました。それと同時に相手に悪く思われたくない、自分は悪くない、という動物とは違った感情が生まれ「言い訳」という言葉での自分を正当化するという心理も同時に手にしたのです。
人は生活する中で常に他の人と関わりながら生きて行かなければ行けません。その為相手に嫌われたくないという心理から、「これは自分のせいじゃないんだ」「自分はちゃんとやった。悪いのは自分じゃない」という言い訳という名の、自分を正当化する言葉を相手に伝えるのです。
結局は一人になりたくないから自分が嫌われないようにする為に働く感情こそが言い訳する人の心理ではないのでしょうか。